本日 2 人 - 昨日 10 人 - 累計 19259 人

2002

  1. HOME >
  2. 2002
• 氏家 寛、深井光浩: リスペリドンから塩酸ペロスピロン(ルーラン)への切り替えで著効した薬剤不耐性精神分裂病の一例. Progress in Medicine (2002) 22, 875-878.

• 氏家 寛: 薬物依存におけるゲノム解析. 分子精神医学 (2002) 2, 38-45.

• 氏家 寛: 薬物依存の分子生物学. 精神神経誌 (2002) 104, 1055-1068.

• 氏家 寛、中田謙二: シグマ受容体と抗精神病薬. Psychoses (2002) 8, 25-28.

• 氏家 寛: 海外文献紹介:分裂感情障害におけるrisperidoneとhaloperidolの有効性および安全性に関する二重盲検無作為前向き比較試験. 臨床精神薬理 (2002) 5, 343-352.

• 松本洋輔、山田了士、氏家寛: 薬物の作用と性差 各論3 抗てんかん薬. 医薬ジャーナル (2002) 38, 77-81.

• 児玉匡史、氏家 寛: 精神疾患 薬物依存. 看護のための最新医学講座 12巻. 看護のための最新医学講座, 中山書店, 東京 (2002) pp256-284.

• 黒田重利、原田俊樹、氏家 寛、藤原 豊、秋元 潔、武田俊彦、濱村貴史: 「精神科病院における非定型抗精神病薬の使い方」1. 急性精神病エピソードのアルゴリズム. Pharma Medica (2002) 20, 83-96.

• 黒田重利、武田俊彦、濱村貴史、原田俊樹、藤原 豊、秋元 潔、氏家 寛: 「精神科病院における非定型抗精神病薬の使い方」2. 非定型抗精神病薬へのスイッチング. Pharma Medica (2002) 20, 93-108.

• 滝本高広、氏家 寛、中村和彦、岩橋和彦: メタンフェタミン投与ラットにおけるCYP2E1 mRNAの誘導. 日本アルコール・薬物医学会雑誌 (2002) 37, 163-167.

• 氏家 寛、中田謙二、坂井 歩、今村貴樹、黒田重利、稲田俊也、原野陸正、小宮山徳太郎、山田光彦、関根吉統、曽良一郎、伊豫雅臣、尾崎紀夫、 JGIDA: 覚せい剤精神病に関わる臨床遺伝学的研究 -ドパミン・トランスポーターおよびD2受容体遺伝子における関連研究. 平成13年度総括研究報告書 厚生科学研究費補助金(医薬安全総合研究事業)研究「規制薬物の依存及び神経毒性の発現に係わる仕組みの分子生物学的解明に 関する研究」. (2002) pp5-13.

• 原野陸正、内村直尚、阿部正敏、石橋正彦、前田久雄、氏家 寛、小宮山徳太郎、関根吉統、稲田俊也、伊豫雅臣、尾崎紀夫、曽良一郎、山田光彦、薬物依存ゲ ノム解析研究グループ: 覚せい剤精神病患者の画像所見と遺伝的多型性の研究. 平成13年度総括研究報告書 厚生科学研究費補助金(医薬安全総合研究事業)研究「規制薬物の依存及び神経毒性の発現に係わる仕組みの分子生物学的解明に 関する研究」. (2002) pp22-25.

• Ujike H, Takaki M, Nakata K, Tanaka Y, Takeda T, Kodama M, Fujiwara Y, Sakai A, Kuroda S: CNR1, central cannabinoid receptor gene, associated with susceptibility to hebephrenic schizophrenia. Molecular Psychiatry (2002) 7, 515-518.

• Ujike H: Stimulant-induced psychosis and schizophrenia: The role of sensitization. Current Psychiatry Reports (2002) 4, 177-184.

• Ujike H, Takaki M, Kodama M, Kuroda S: Gene expression related to synaptogenesis, neuritogenesis, and MAP kinase in behavioral sensitization to psychostimulants. In Cellular and Molecular Mechanisms of Drugs of Abuse II, Cocaine, Substituted Amphetamines, GHB, and Opiates. Ann New York Acad Sci Vol.965. Ali SF ed, New York (2002) pp55-67.

• Kobayashi K, Hayashi M, Kidani T, Nakano H, Miyazu K, Ujike H, Kuroda S, Koshino Y: Pick's disease in 2 brothers with S305N mutation. Clin Neuropathol (2002) 21, 191-193.

• Yokota O, Terada S, Ishizu H, Ujike H, Ishihara T, Nakashima H, Yasuda M, Kitamura Y, Ueda K, Checler F, Kuroda S: NACP/alpha-synuclein, NAC, and beta-amyloid pathology of familial Alzheimer's disease with the E184D presenilin-1 mutation: a clinicopathological study of two autopsy cases. Acta Neuropathol (2002) 104, 637-648.

• Ishihara T, Nakashima H, Yokota O, Terada S, Ujike H, Trojanowski JQ, Lee VMY: Attenuated neurodegenerative disease phenotype in tau transgenic mouse lacking neurofilaments. Psychiatry and Clinical Neuroscience (2002) 56,